« 謹賀新年 | トップページ | 全豪オープン速報!! »

2010年1月27日 (水)

feel the beat of history

いよいよ冬季オリンピックski が始まりますね~note
カナダへ出発する日本代表をテレビ前で見送りながら
ゲームに専念する、自称五輪サポーターのNICOです。

ミーガ、クワッチ、スーミのバンクーバー五輪ゲーム
danger 意外と夢中になっちゃうので要注意!
    ↓
http://www.vancouver2010.com/mascot/en/games.php

ところで、オリンピックが始まったのが1896年
その15年後に、FILAは誕生しました。

う~ん、歴史の重みを感じます。

だってだって、なんとFILAは今年で99年目sign03
来年で100周年birthday を迎えちゃうんです。
おめでた~~~~いんですup

これから100周年に向けての企画は盛り沢山!
お知らせも目白押しになりそう~~~~!!!

そこでちょっとその前に、今回はFILAの歴史を
駆け足にてrun おさらいしたいと思いまーすdash

 1 History of FILA

1911 ○イタリアのビエラでFila兄弟がFILAを創業。

1973 ○FILAがスポーツウェアを発表。特徴的な「F-ボックス」を考案。

1974 ○ビラス、グーラゴング、マッケンロー、セレス、カプリアティ、
     クライシュテルスらFILAのテニスチャンピオンが続々登場。

1976 ○ビヨン・ボルグがFILAのウェアを着てウィンブルドンで初優勝。
     その後5連覇を達成。
    ○イングマル・ステンマルクがFILAのスキーウェアに身を包ん
      世界を驚愕させる。

1977 ○米国のスター、ジョン・マッケンローがFILAを着てキャリアを開始。

1982 ○トム・ワトソンがFILAのゴルフウェアで全米オープン優勝。
    ○FILAは全米オープンのスポンサーになり、その後22年間にわたり
      公式サプライヤーを務める。

1986 ○FILA Mountainの登山服を着たレイホルト・メスナーが無酸素で
      エベレストに初登頂。

1989 ○ボリス・ベッカーがFILAを着て単年度で全仏オープン、
      ウィンブルドン、全米オープンを制覇。

1994 ○アルベルト・トンバがFILA Skiウェアを着てW杯優勝。

1996 ○モーゼス・タヌイがボストンマラソンで優勝。
      その後1年間にFILA契約選手が全世界のマラソンレースで
      27回連続優勝を飾る。

2001 ○ジェニファー・カプリアティが2001年全豪オープンと全仏オープンで
      優勝して復活。全豪では2002年も連続優勝。
    ○FILAとフェラーリが、ミハイル・シューマッハーを迎えた
      フェラーリ・F1チームのライセンシング契約とスポンサー契約を締結。

2003 ○FILAがドゥカティ・スーパーバイクチームのスポンサーになる。

2004 ○FILA Mountainが伊スキーチームの公式ウェアサプライヤーになる。

2005 ○キム・クライシュテルスが全米オープンで優勝。

2008 ○FILAがウィンブルドンの公式フットウェアライセンシーになる。

2009 ○ジ・ウンヒがゴルフの全米オープンで優勝。
    ○クズネツォワがテニスの全仏オープンで優勝。
    ○クライシュテルスがテニスの全米オープンで優勝。

2010 ○La Bella Vita!!
      FILAはこれからもずーーーっと、みなさんと楽しんでいきまーすsign03

      lovely つづく~heart04

« 謹賀新年 | トップページ | 全豪オープン速報!! »

スポーツ」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540046/47406937

この記事へのトラックバック一覧です: feel the beat of history:

« 謹賀新年 | トップページ | 全豪オープン速報!! »